MENU

自律癇への衝撃

自律心無秩序症は

ストレスの多い現代社会を通じるやつがわずらってしまう疾病のひとつに、自律心無秩序症があります。自律心無秩序症は、その名の通りに、自律心という私たちの医師は独立して勤める心脈絡が賢く機能しなくなってしまうことです。

 

自律心には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は、人体を活発に取り回すときに優位になります。一方、副交感神経は、人体や脳を休めるときに優位になります。こういう2つが賢くバランスをとるため私たちの人体はリライアビリティを保ってある。

 

ここで、安眠手薄、会社での心配などの強いフラストレーションがかかると交感神経という副交感神経のバランスが崩れて仕舞うことになります。その結果、交感神経の機能が過剰になり常にピリピリした状況になったり、副交感神経が過剰になり意志が出ずにうつ状態になったりしてしまう。

 

こういう自律心の釣合が滅茶苦茶になってしまう概況が自律心無秩序症だ。

 

更年期障害は自律心無秩序症です

自律心無秩序症は、著しいフラストレーションがトリガーとなって引き起こされると述べました。ただし、フラストレーション以外にも自律心無秩序症を引き起こす一因があります。それが閉経にともなう婦人ホルモンの分泌容量の減算だ。

 

これは、更年期の婦人ならば誰にでも生ずることです。すなわち、更年期障害は自律心無秩序症のひとつなのです。

 

閉経を迎えるにあたってのセッティングを人体が関わる
エストロゲンなどの婦人ホルモンの分泌容量が急激に飛び降りる
人体が体内のあるべきホルモン釣合を保てなくなる
ホルモンバランスが崩れたことにより自律心無秩序症になる
各種の自律心無秩序症の症状が発症するようになる

 

このように、本来はフラストレーションなどによって崩れる自律心が、閉経前の婦人ホルモンの分泌容量のマイナスにて乱されてしまうのです。このように、更年期障害と自律心無秩序症は、およそイコールとして良しものです。

 

更年期障害の代表的な症状には以下のようなものがあります。

 

  • 話題発光というよばれる急性火照りや出発汗
  • 頭痛やめまいや耳鳴り
  • 慢性不眠
  • イライラなど感情の統制が出来なくなる
  • 頻尿や尿もれ
  • 身体の節々の痛苦・関節痛

 

など、わずか調べればわかることですが、これらの更年期障害の症状は、自律心無秩序症の症状とおよそおんなじだ。このことからも更年期障害というのが自律心無秩序症と同じであるということが分かると思います。

 

単なる自律心無秩序症といった更年期障害とのズレ面としては、繰り返しになりますが、自律心無秩序症が硬いフラストレーションがトリガーとなって発症するものであるのに対して、更年期障害は力強いフラストレーションがなくとも、閉経のための身体のセッティングとしての婦人ホルモンの分泌容量の減算という婦人ならば誰にでも起きるものがトリガーとなってある面だ。

 

更年期というよばれる40勘定から50代の年齢に属する婦人ならば誰にでも発症する可能性のある自律心無秩序症が更年期障害なのです。

 

更年期障害としての自律心無秩序症への対策

通常の自律心無秩序症を治療するためには、ゼロにも二にもフラストレーションを排し憂さ晴らしをする主旨が大事になります。そうすることでホルモン釣合が落ち着き、交感神経という副交感神経も正常に機能するようになります。

 

一方、更年期障害としての自律心無秩序は、仮にフラストレーションをなくしても、婦人ホルモンの分泌容量がそもそも生理系統に減ってしまっているために、症状が緩和されることはありません。大事なのは、減ってしまった婦人ホルモンの値をもとに立て直すことです。

 

わかりやすいのが、更年期障害で母科を訪れると受けることのできるホルモン埋め合わせ療法ですね。減っている婦人ホルモンを医薬代物により幾分強制的に足します。

 

また、母科を訪れなくとも、大豆イソフラボンなどの体内に摂り込まれることによって婦人ホルモンと同等の働きをする栄養素を意識的に摂取することによって、更年期障害の症状が軽くなることが分かっています。大豆アイテムなどを積極的に採り入れることによって、更年期障害の症状が緩和するということですね。

 

ぜひとも日々の食事にとり入れてください。

 

更年期サプリTOPへ